テクノサイエンスセミナー2014を開催

工学部は、8月8日(金)、同学部物理工学科の各研究室において、テクノサイエンスセミナー2014「物理の世界にあそぶ」を開催しました。このセミナーは、高校生を対象として、講義と体験実験を行い、教員や大学院生とふれあうことにより、物理工学の様々な分野における研究の面白さを体感してもらうことを目的としています。今年は、東海・北陸地域から40名の高校生が参加しました。

当日は、参加者全員に対して物理工学科の紹介を行った後、「鍛造加工により金属製ペンダントを作ってみよう」など、各自で選んだ10のテーマに分かれて、午前中に講義、午後から実験を行いました。参加者は、教員や大学院生のアドバイスを受けながら、熱心に実験に取り組んでいました。

実験後には、修了証の授与と交流会を行いました。参加した高校生は、最新の研究設備を使った実験を体験することで大きな刺激を受け、大学の理工学研究に対してさらに興味を深めていました。

物理工学科の紹介の様子

工学研究科ニュース一覧に戻る