テクノフロンティアセミナーTEFS2016を開催

理工系に興味を持つ高校生に、大学学部レベルの学生実験を体験してもらうイベント「テクノフロンティアセミナー」が、IB電子情報館において8月9日(火)に開催されました。

本セミナーは公益財団法人KDDI財団の支援を受け、電気電子・情報工学科の関連教員により平成7年度から毎年夏に開催されています。今回用意された実験6テーマは、ホログラフィを用いた立体写真、リモコンカー内部のプログラムを工夫してのレースなど、電気電子・情報工学科で学部3年生向けに実施されている学生実験をアレンジしたものですが、いずれも高度な内容であり電気電子・情報分野の最先端技術に触れることができるように工夫されています。また、テーマ毎に教員1~2名と大学院生のティーチングアシスタント2名が配され、限られた時間の中でも高校生が実験を円滑に進められるように配慮されています。

今年は東海地方の高校を中心に44名の参加者があり、朝から夕刻まで昼食を挟み各テーマの実験に熱心に取り組んでいました。夕刻からは表彰式および懇親会が開催され、参加者は実験に加えて教員や大学院生との交流を通じ、本学の施設や環境、雰囲気に触れ、将来の大学生活を実感する充実した一日を過ごしていたようです。

受付の様子

工学研究科ニュース一覧に戻る