テクノ・フェア名大2016を開催

社会連携委員長 中野 正樹

日時:平成28年9月2日(金)13:00-18:00
会場:名古屋大学豊田講堂及びシンポジオンホール

内容
● 講演会
主催者代表挨拶 13:00~13:10
新美 智秀 大学院工学研究科長
基調講演 13:10~14:00
名古屋大学発のオープンイノベーション「お付き合い」の産学連携から「本格的な産学共同研究」へ
西山崇志名古屋大学総長補佐/学術研究・産学官連携推進本部教授
● 研究シーズ・研究成果展示 13:00~18:00
● ショートプレゼンテーション 14:00~16:00
● 研究室見学 10:00~18:00

主催 : 名古屋大学大学院工学研究科
共催 :大学院医学系研究科、大学院環境学研究科、大学院情報科学研究科、大学院創薬科学研究科、トランスフォーマティブ生命分子研究所、未来材料・システム研究所、シンクロトロン光研究センター、減災連携研究センター、ナショナルコンポジットセンター、未来社会創造機構、予防早期医療創成センター、学術研究・産学官連携推進本部
後援 : 総務省東海総合通信局、経済産業省中部経済産業局、愛知県、名古屋市、一般社団法人中部経済連合会、名古屋商工会議所、公益財団法人中部科学技術センター、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人名古屋産業振興公社、中部エレクトロニクス振興会、公益財団法人ソフトピアジャパン、独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部名古屋医工連携インキュベータ、名古屋大学協力会、中日新聞社
協賛 : 公益財団法人 名古屋産業科学研究所

大学院工学研究科は、9月2日(金)、豊田講堂及びシンポジオンホールにおいて、大学院医学系研究科、大学院環境学研究科、大学院情報科学研究科、大学院創薬科学研究科、トランスフォーマティブ生命分子研究所、未来材料・システム研究所、シンクロトロン光研究センター、減災連携研究センター、ナショナルコンポジットセンター、未来社会創造機構、予防早期医療創成センター、学術研究・産学官連携推進本部との共催で、「テクノ・フェア名大2016」を開催しました。テクノ・フェア名大は、本学研究者による研究成果及び研究シーズ(種)を、ブース展示、研究室見学、講演会等を通じて情報発信し、産業界や地域社会と密接な交流を図ることを目的に、平成11年から実施しています。

当日は、主催者を代表して新美智秀工学研究科長から挨拶があった後、西山崇志総長補佐/学術研究・産学官連携推進本部教授から「名古屋大学発のオープンイノベーション~「お付き合い」の産学連携から「本格的な産学共同研究」へ~」と題した基調講演が行われ、本学の産学官連携の現状や新たな共同研究制度の取組等について講演がありました

引き続き、今回初の試みとして、当日のブース展示のうち16のテーマについて、出展者が研究内容を紹介するショートプレゼンテーションが行われました。1テーマ5分という短い時間でしたが、訪れた参加者は熱心に耳を傾けていました。

豊田講堂アトリウムで実施されていたブース展示会場では、「材料」「環境」「エネルギー」「機械・航空」「土木・インフラ」などの分類で45のブースが出展され、訪れた企業の研究開発担当者らとブース出展者との意見交換は、終日途絶えることがありませんでした。また、並行して行われていた研究室見学には、ブース展示やショートプレゼンテーションで興味を持った参加者が、当日申込で見学を希望する姿が多数見受けられました。今回の参加者は、約400名となり、盛況のうちに閉会しました。

講演内容

主催者代表挨拶

新美 智秀
大学院工学研究科長

名古屋大学発のオープンイノベーション
~「お付き合い」の産学連携から「本格的な産学共同研究」へ~

西山 崇志
総長補佐/学術研究・産学官連携推進本部教授

ショートプレゼンテーション

時間 講師 職名(所属) 演題
14:05~14:10 石原 一彰 化学・生物工学専攻
教授
グリーン合成&触媒の匠工房
14:10~14:15 髙田 尚記 マテリアル理工学専攻
准教授
金属の究極的な機能性発現への挑戦
― ポーラス構造化と組織制御 ―
14:15~14:20 坂上 知 マテリアル理工学専攻
特任准教授
イオン液体を用いた新しい有機発光素子:LEC
14:20~14:25 稗田 純子 マテリアル理工学専攻
准教授
溶液中でできる冷たいプラズマ【ソリューションプラズマ】
による新機能材料の創生
14:25~14:30 山本 剛久 量子工学専攻
教授
超高分解能STEMを用いた材料評価技術
14:30~14:35 堀 克敏 化学・生物工学専攻
教授
何にでも強力にくっつく微生物
14:35~14:40 堀 克敏 化学・生物工学専攻
教授
油分解微生物を使った革新的排水処理技術
14:40~14:45 富田 英生 量子工学専攻
准教授
超高感度近赤外~中赤外レーザー吸収分光法と
微量ガス分析への応用
14:45~14:50 櫻井 淳平 マイクロ・ナノシステム工学専攻
准教授
微細加工・材料創成で拓くマイクロ・ナノの世界
14:50~14:55 伊藤 靖仁 機械理工学専攻
准教授
血行力学解明および蓄電池開発への
流体工学的アプローチ
15:10~15:15 椿 涼太 社会基盤工学専攻
准教授
次世代の洪水観測技術
15:15~15:20 岩田 聡 未来材料・システム研究所
教授
名古屋大学の機器を使ってみませんか?
~微細加工プラットフォームのご紹介~
15:20~15:25 坂口 佳充 化学・生物工学専攻
特任教授
名古屋大学の機器を使ってみませんか?
~分子・物質合成プラットフォーム~
15:25~15:30 荒井 重勇 未来材料・システム研究所
特任准教授
名古屋大学の機器を使ってみませんか?
~微細構造解析プラットフォームのご紹介~
15:30~15:35 宇治原 徹 未来材料・システム研究所
教授
熱対策用窒化アルミニウムウィスカーの合成と応用
15:35~15:40 大住 克史 学術研究・産学官連携推進本部
URA
名古屋大学の産学官連携活動

研究シーズ・研究成果展示

No 分類 出展タイトル 所属 出展者
1 材料 グリーン合成&触媒の匠工房 化学・生物工学専攻 石原 一彰
波多野 学
ウヤヌクムハメット
堀部 貴大
2 材料 金属の究極的な機能性発現への挑戦 ―ポーラス構造化と組織制御― マテリアル理工学専攻 小橋 眞
髙田 尚記
3 材料 熱対策用窒化アルミニウムウィスカーの合成と応用 未来材料・システム研究所 宇治原 徹
田川 美穂
原田 俊太
4 材料 イオン液体を用いた新しい有機発光素子:LEC マテリアル理工学専攻 坂上 知
竹延 大志
5 材料 溶液中でできる冷たいプラズマ【ソリューションプラズマ】による新機能材料の創生 未来社会創造機構
マテリアル理工学専攻
齋藤 永宏
稗田 純子
上野 智永
6 材料 新世代エレクトロニクスを拓くⅣ族混晶半導体 未来材料・システム研究所
結晶材料工学専攻
未来材料・システム研究所
結晶材料工学専攻
財満 鎭明
中塚 理
黒澤 昌志
坂下 満男
竹内和歌奈
7 材料 超高分解能STEMを用いた材料評価技術 量子工学専攻 山本 剛久
8 材料 ナノカーボンの特性評価と応用 量子工学専攻 齋藤 弥八
安坂 幸師
中原  仁
入田  賢
9 バイオテクノロジー 何にでも強力にくっつく微生物 化学・生物工学専攻 堀 克敏
10 環境
バイオテクノロジー
油分解微生物を使った革新的排水処理技術 化学・生物工学専攻
学術研究・産学官連携推進本部
堀  克敏
金  承鶴
南  賢尚
11 環境 超高感度近赤外〜中赤外レーザー吸収分光法と微量ガス分析への応用 量子工学専攻 井口 哲夫
富田 英生
Volker Sonnenschein
12 環境 オーロラ・大気光・地磁気の国際多点計測 宇宙地球環境研究所 塩川 和夫
13 エネルギー 電気抵抗ゼロ!超低損失送電と超高磁場マグネットの実現
〜高温超伝導線材〜
エネルギー理工学専攻
電子情報システム専攻
エネルギー理工学専攻
吉田  隆
一野 祐亮
土屋 雄司
14 エネルギー さまざまな電源・機器の有効活用技術 未来材料・システム研究所
電子情報システム専攻
加藤 丈佳
舟橋 俊久
栗本 宗明
15 エネルギー
環境
廃棄物焼却炉における灰付着低減および腐食抑制技術 未来材料・システム研究所
機械理工学専攻
未来材料・システム研究所
成瀬 一郎
義家  亮
植木 保昭
16 機械・航空 グリーンイノベーションを志向する機能性表面創製・評価技術の最先端 機械理工学専攻 梅原 徳次
村島 基之
17 機械・航空 材料強度・評価学の新しい展開 機械理工学専攻 社本 英二
上田 隆司
鈴木 教和
早坂 健宏
藤巻 俊介
18 機械・航空 これからのものづくりを支える超精密技術と工作機械技術 機械理工学専攻 社本 英二
上田 隆司
鈴木 教和
早坂 健宏
藤巻 俊介
19 機械・航空 装着型ロボットのための安全検証技術: 転倒から皮膚の損傷まで 機械理工学専攻 山田 陽滋
岡本 正吾
秋山 靖博
20 機械・航空 これからのものづくりを支える超精密技術と工作機械技術 機械理工学専攻 社本 英二
上田 隆司
鈴木 教和
藤巻 俊介
21 機械・航空 高クヌッセン数流れのミクロスケール・アナリシス マイクロ・ナノシステム工学専攻
未来材料・システム研究所
新美 智秀
山口 浩樹
松田  佑
22 機械・航空 微細加工技術とロボット技術を用いた医用機械システム マイクロ・ナノシステム工学専攻 新井 史人
丸山 央峰
佐久間臣耶
23 機械・航空 微細加工・材料創成で拓くマイクロ・ナノの世界 マイクロ・ナノシステム工学専攻 秦  誠一
櫻井 淳平
溝尻 瑞枝
24 機械・航空 表面・界面設計のためのナノ計測 マイクロ・ナノシステム工学専攻 福澤 健二
伊藤伸太郎
25 医療・福祉 加速器BNCTシステムの開発 マテリアル理工学専攻
産学協同研究講座

瓜谷  章
土田 一輝
鬼柳 善明
26 医療・福祉
エネルギー
材料
血行力学解明および蓄電池開発への流体工学的アプローチ 機械理工学専攻 酒井 康彦
伊藤 靖仁
岩野 耕治
27 医療・福祉 個体別生体モデリングの新提案 機械理工学専攻 村瀬 晃平
松本 健郎
28 医療・福祉 健康寿命の延伸を目指した産学官連携による予防早期医療の実現 予防早期医療創成センター 門松 健治
29 土木・インフラ 次世代の洪水観測技術 社会基盤工学専攻 椿  涼太
戸田 祐嗣
尾花まき子
30 土木・インフラ 沿岸域の防災・減災に向けた最先端技術 社会基盤工学専攻 水谷 法美
中村 友昭
趙  容桓
31 土木・インフラ 社会基盤鋼構造物の新しい健全性評価、補修補強技術 社会基盤工学専攻 北根 安雄
廣畑 幹人
32 土木・インフラ 地盤構造物の建設/維持管理/減災・防災を支える高度数値解析技術 社会基盤工学専攻
減災連携研究センター
社会基盤工学専攻
中野 正樹
野田 利弘
山田正太郎
中井健太郎
33 情報通信 インジェクション・アタックに対する包括的な防御手段 電子情報システム専攻 塩谷 亮太
34 情報通信 次世代高速光ネットワークのための光集積技術 電子情報システム専攻 佐藤 健一
長谷川 浩
森 洋二郎
35 情報通信 超高速超低消費電力超伝導エレクトロニクスの開拓 量子工学専攻 藤巻  朗
赤池 宏之
田中 雅光
36 情報通信 データ解析技術 計算理工学専攻 古橋  武
吉川 大弘
37 情報通信
バイオテクノロジー
透明で柔軟なカーボンナノチューブ電子デバイス 未来材料・システム研究所
量子工学専攻
大野 雄高
岸本  茂
廣谷  潤
38 電子デバイス ナノ構造制御で展開する電子デバイス開発 量子工学専攻 宮崎 誠一
牧原 克典
大田 晃生
池田 弥央
39 材料
研究・開発支援
機器共用
名古屋大学の機器を使ってみませんか?
〜微細加工プラットフォームのご紹介〜
未来材料・システム研究所
電子情報システム専攻
学術研究・産学官連携推進本部
岩田  聡
加藤 剛志
大住 克史
40 研究・開発支援
機器共用
名古屋大学の装置を使ってみませんか?
〜分子・物質合成プラットフォーム〜
化学・生物工学専攻 馬場 嘉信
坂口 佳充
41 加速器
材料
バイオテクノロジー
産学連携
名古屋大学の装置を使ってみませんか? 〜微細構造解析プラットフォームのご紹介〜 量子工学専攻
未来材料・システム研究所
山本 剛久
武藤 俊介
荒井 重勇
42 加速器
材料
バイオテクノロジー
産学連携
シンクロトロン光研究センター シンクロトロン光研究センター 曽田 一雄
高嶋 圭史
43 産学連携 NU Tech(国際産学連携拠点) / B-jin(ビジネス人材育成センター) 学術研究・産学官連携推進本部 河野  廉
神山 知久
森  典華
深井 昌克
44 バイオテクノロジー
医療・福祉
名古屋医工連携インキュベータ(NALIC) 独立行政法人中小企業基盤整備機構
中部本部
花沢 文雄
45 材料
エネルギー
環境
先進プラズマ技術によるものづくり支援 公益財団法人名古屋産業振興公社
プラズマ技術産業応用センター
高島 成剛

研究室見学

専攻等 見学施設 見学内容 見学時間
1 社会基盤工学専攻 N2U-BRIDGE(ニュー・ブリッジ) 経年劣化橋梁を集めた実大橋梁モデルの概要(インフラの劣化状況)と、インフラの維持管理の際に必要となる劣化評価技術や非破壊診断技術を紹介します。 13:00~13:40
14:00~14:40
最大20人/回
2 マイクロ・ナノシステム 工学専攻 秦研究室
(工学部3号館212号室)
秦研究室では、MEMS( Micro Electro Mechanical Systems: 微小電子機械システム)など微小な集積機械デバイスを実現するために、新しい微細加工法やMEMS用新材料開発も含めた横断的な研究を行っています。
1. MEMS・マイクロセンサ
  ・ナノポーラス膜を利用した油中の水分量を測定用マイクロセンサ
2.コンビナトリアル法によるMEMS用機能性材料・エネルギー材料探索
  ・自由形状に加工が可能なTi-Ni系薄膜金属ガラス・形状記憶合金
  ・電気分解電極用触媒のコンビナトリアル探索
3.フェムト秒レーザ還元直接描画法
  ・金属-半導体の選択的パターニングとセンサ応用
10:00〜10:30
11:00〜11:30
13:00〜13:30 14:00〜14:30
15:00〜15:30 17:00〜17:30
最大10人/回
3 電子情報システム専攻 道木研究室
(IB電子情報館北棟6階623)
ポスターやパワーポイントを利用して研究内容を紹介した後に、実際に研究で用いているモータやロボットなどを見学していただきます。モータやロボットが動く様子を、実物や動画を交えて紹介します。 11:00〜11:40
13:00〜13:40
15:00〜15:40
最大10人/回
4 未来材料・システム研究所 先端技術共同研究施設 微細加工プラットフォームでは、最先端の装置群を民間企業の研究開発者に広く開放し、薄膜作製からナノ構造・ナノデバイス作製まで様々な支援を行っています。施設見学では、先端技術共同研究施設の426m2のクリーンルーム内に設置されている各種薄膜作製装置、光リソグラフィ装置、エッチング装置、さらには、8nmという超微細加工が可能な最先端の電子線露光装置を見学頂きます。 11:20〜12:00
最大10人/回
5 未来材料・システム研究所 超高圧電子顕微鏡施設 反応科学超高圧走査透過電子顕微鏡 JEM-1000k RSは、名大オリジナルで日本電子株式会社と共同開発を行い、文部科学省科学技術賞(開発部門)として表彰されました。特徴として、10-6Paの高真空から、1.3×104Paまでのガス環境下でその場の観察が可能、ガス環境下での電子エネルギー損失分光(EELS)も可能です。ガスは2系統で導入でき、N2、O2、H2、CO+Airガスを常備、それ以外のガスを希望する場合は個々に相談に応じます。高加速電圧の特色を生かして、厚い試料の立体観察に有効です。これは、生物・非生物試料共通です。10メートルの大きさの電子顕微鏡をご覧ください。 10:00〜10:30
10:40〜11:10
16:30〜17:00
最大15人/回
6 未来社会創造機構 名古屋COI拠点 高齢者が自らの意思で、不安なく外出でき、かつ、元気になれるクルマと社会づくりの最新研究開発技術を開発しています。今回の展示では、高齢者が安全に安心して移動できる1)モビリティを実現する技術、2)元気に外出する能力を維持するためのセンシング技術、3)高齢者がいきいきと暮らせるコミュニティ形成プロジェクトの概要と成果を紹介します。 13:00〜16:00
自由見学
特集一覧に戻る