平成29年度工学部・工学研究科改組について

改組のねらい

工学全般の分野を網羅した学科・専攻構成に再編

工学部・工学研究科 全体図

平成29年4月1日

 

学部・大学院を一体としたシームレスな体制とし、基礎教育3年、専門教育3年(学部4年+博士前期2年)、高度専門教育3年(博士後期3年)の【3+3+3型教育システム】を実施します。※環境土木・建築学科では、JABEE認定の技術者教育プログラムを実施。

関連研究所等との強固な連携による教育・研究の推進

■工学分野と密接に関係する未来材料・システム研究所「未来エレクトロニクス集積研究センター」(天野センター)と連携して先導的研究を実施し、イノベーションの創出に繋げます。

■工学関連センター等と連携し、研究をベースにした専攻をまたぐプロジェクトを設置して、先端教育プログラムを開講し、課題探索・解決力を備えた人材を育成します。(選択履修とし、認定証を交付)

■これまでの複合専攻の長所を生かし、共同研究奨励制度(仮称)を創設して専攻の異なる複数の教員による研究を奨励し、イノベーション創出や研究成果の起業化・新規事業化に繋げます。

特集一覧に戻る