スクロールしてコンテンツを表示

大学が果たすべき
パブリック・リレーションズの
半歩先を

当室は、工学部・工学研究科と社会とのコミュニケーションを支援することを目的とし、2014年4月に開設されました。その対象は、受験生から産業界・公的機関や研究機関、そして一般市民に至るまで、すべてのステークホルダに及びます。これからの大学は、情報開示をもっともっと積極的におこなう一方で、社会からの要望を察知する仕組みも強化していかねばなりません。コミュニケーションデザイン室では、こうした情報のキャッチボールのあるべき姿を模索し、工学系の部局らしく、新しい手法の開発と実践を担うべく、様々な実験的取り組みを始めています。

マークシンボル

コミュニケーションデザイン室のシンボルマーク。一見、無機質なQRコードを使い、大学と社会をつなぐインターフェイスとして、シンボリックに表現してみました。

守備範囲は広く、攻撃は多彩に

Public Relationsが担うメディアやデバイスに、制約はありません。GraphicやWebはもちろん、SNS、Movieまで、またPCからスマホ、リアルイベントまで、必要な接点を多彩に支援していきます。

工学への道2015
受験生向け工学部紹介パンフレット

工学への道2015
受験生向け工学部紹介パンフレット

64個のQRコード、AR、Movie、θ立体画像など、スマホ片手に楽しめる冊子

閉じる
door 受験生向け工学部紹介Website
http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/door/

door 受験生向け工学部紹介Website

スマホでの利用を前提としレスポンシブデザインで構築

閉じる
研究室図鑑Website
http://cd.engg.nagoya-u.ac.jp/labo/enter.html

研究室図鑑Website

100以上の工学系研究室を掲載、3タイプの検索機能を提供

閉じる
LINE@ 名古屋大学工学部
オフィシャルページ

LINE@ 名古屋大学工学部オフィシャルページ

旧帝国大学初のLINE@ページ開設、スタート4ヶ月でともだち900人突破

閉じる
天野浩教授ノーベル物理学賞受賞
ミニトークセッションムービー

天野浩教授ノーベル物理学賞受賞ミニトークセッションムービー

ホームかミグデイで開かれたサプライズセッションをYouTubeで公開

閉じる
工学系研究室イメージアップ
グラフィックムービー

工学系研究室イメージアップ グラフィックムービー

工学系研究室の日常をカットしたPhotoでつないだスライドショー

閉じる
Dan Shechtman
(2011ノーベル化学賞受賞者)
記念講演会 ポスター・フライヤー

Dan Shechtman(2011ノーベル化学賞受賞者)記念講演会 ポスター・フライヤー

Quasi-periodic Crystal準結晶をデザインモチーフにアレンジ

閉じる

名古屋大学大学院工学研究科
コミュニケーションデザイン室

所在地
〒464-8603
名古屋市千種区不老町
工学部5号館2F245室
TEL 052-789-3238
FAX 052-789-5530
MAIL
公共交通機関での来室
公共交通機関での来室
地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車、改札出て右、3番出口へどうぞ。エスカレータ1本目を上がったら左の建物(IB電子情報館)へ。階段を上がると1F広場に出ます。右手に見える横断歩道を渡り、工学部5号館を目指してください。
お車での来室
お車での来室
豊田講堂右手側の通用口にある守衛室前通路から進入、ゲートまで直進いただき、入構券・入構証を抜き取り、バーが上がりましたら入構ください。5号館近くまてでお越しいただき、空き駐車スペースに駐車してください。コミュニケーションデザイン室に入られましたら、車両で来られたことをお知らせください。用務証明書を発行いたします。駐車利用料金として100円@1時間が必要ですのでご了承ください。用務証明書がない場合は、駐車料金が600円@1時間と成りますのでご注意ください!
Googleマップで見る