2019 No.45
研究者054 小林 敦希
バイオ燃料電池と集積回路を用いた低消費電力バイオセンサシステムの開発
研究者053 石川 晃平
負極集電体の結晶方位に着目した金属リチウム負極のサイクル特性改善
研究者052 鬼頭 俊介
放射光X線を用いた物質の軌道状態の直接観測手法の確立
研究者051 小崎 一功
ペプチドの細胞内機能評価システムの開発
2018 No.44
研究者050 笠井 宥佑
オンチップ細胞分取技術 ~高い生存率で大きな細胞の高速分取を達成~
研究者049 寺林 稜平
レーザーで難分析放射性核種を測る ~中赤外レーザー分光による放射性炭素分析法の開発~
2018 No.43
研究者048 石立 涼馬
溶出順序を自在にスイッチできるキラル固定相の開発
研究者047 小田切 公秀
ループヒートパイプ蒸発器内の熱流動現象の解明と高性能化への応用
2018 No.42
研究者046 丹波 高裕
独自のモデル実験で衝撃波・乱流物理への貢献を目指す
研究者045 村手 宏輔
新たな光—テラヘルツ波—を用いた応用開拓
2017 No.41
研究者044 髙橋 恒太
次世代積層型集積回路に向けた不純物高活性化技術の開発
研究者043 山下 賢二
高活性“アート”反応剤が拓く選択的有機合成
2016 No.40
研究者042 上田 恒
新時代の情報通信
研究者041 伊藤 覚
世界最大のねじれを目指して: ねじれたポルフィリン多量体の合成
2016 No.39
研究者040 杉浦 広峻
ロボット統合型マイクロ流体チップを用いた単一細胞の機械特性計測技術
研究者039 市原 大輔
独自の磁場・電場配位で電気推進機の高性能化を目指す
2015 No.38
研究者038 溝口 裕太
河川のダイナミズムと流程方向の景観連続性を考慮した生態系モデルの開発
研究者037 田口 勝久
ディラック電子特有の流れ— 軸性流 — の生成と検出の理論研究
2015 No.37
研究者036 鶴田 彰宏
磁場中特性向上に向けたSmBa 2Cu3Oy高温超伝導薄膜のナノ構造制御
研究者035 ジメネス フェリックス
共感表出モデルによる教育支援ロボットの開発
2014 No.36
研究者034 柴山 茂久
次世代高駆動力集積回路に向けたGeO 2膜の原子層堆積手法の開発
研究者033 久志本 真希
(001)Si基板上RGB白色LD光源実現を目指して
2014 No.35
研究者032 提嶋 佳生
高分子の自己組織化に基づいた機能性ナノ構造体の設計
研究者031 塚田 千恵
水環境下における L-システインと金ナノ粒子の分子吸着反応に関する研究
→ 2013 No.34 以前のアーカイブ

Copyright ©2016 Nagoya University All Rights Reserved.